講座のご案内

初級

中級

上級

 

 

メンタルタフネス・プログラムとは
ー強み診断「わたしの32」と解決志向を中心にー

「自分らしくのびやかに、心の底から自信を持ちたい」「仕事やプライベートで成果を出したい」と思っているあなたへ。
強みに着目し、あなた本来の可能性を拡げる。

自分の強みに気づいていますか?

「あなたの強みは何?」・・・そう聞かれたら、あなたはどう答えますか?
強みと弱みは表裏一体、自分の良いところに気がついていないのは、
もしかすると誰でもないあなたかもしれません。
本来、あなたが既に持っている原石を磨いて、あなたらしく輝きましょう!


あなたの「強み」に着目し、自分らしく しなやかに生きる力を引き出す。

メンタルタフネス メニューバー1

- 強み診断「わたしの32」と解決志向を中心に -
代表理事の森田由美子が、カウンセリングやコーチング、メンタルヘルス支援をする中で、顧問先の会社で全管理職と面談をした結果得たデータを基に、一人ひとりの本来持っている能力を引き出し、働く人が活き活きと成果を出すための開発したプログラムです。個々の強みと解決志向が核になっています。
さらに、他者の強みを見極め、チームで強みを発揮する方法を学びます。

- メンタルタフネスの定義 -
生活(仕事とプライベート)の中で、軸がぶれない心の基礎体力(自己信頼、他者尊重)と、自分の感情と行動をコントロールすることができ、安定して伸びやかな状態と定義します。

素晴らしい成果を上げるためには、いつも良い気分でいなければならない。
ちょっと心理状態を変えることで、上々の気分になれる。
」―ジム・レーヤー著『メンタル・タフネス』(阪急コミュニケーションズ)

メンタルタフネス メニューバー2

管理職180人と面談した結果生まれたプログラムです。
自分の強みを認識し、解決志向を手に入れて、持っている力を発揮する方法を手に入れます。

 自己信頼
 他者尊重
 感情と行動のコントロール

この3つの視点を通して、一人ひとりの力を最大限発揮し、具体的な行動につなげていきます。
メンタルタフネスを手に入れることによって、メンタルヘルス不調の予防になるだけでなく、成果を出す人を育てます。

また、強みの認識には、約1,000名のご協力と広島大学との共同開発によって生まれた強み診断「わたしの32」を用います。あなたらしさの源である五つの「強み」を導き出すことで、自己理解を深めていきます。

- 強み診断「わたしの32」 -
広島大学の協力を得て開発。漢字一文字で強みを表現し、上位5つの並びが同じになる確率は2,400万分の1
ハガキ 32の素質 予想&結果&数字なし 2016.4 わたしの32 強み診断.png2

→ 詳細は、「強み診断「わたしの32」」のページをご覧ください。

 

- こんなあなたの力になれます! -

  • 自分に自信を持ちたい
  • ネガティブに考えるクセがある
  • 自分の強みを知りたい
  • どんどん目標を達成していきたい
  • 現状を打破したい
  • 仕事で望む成果をだしたい
  • 挑戦を先延ばしにしている

メンタルタフネス メニューバー3

  • メンタルタフネスのプログラムを実行していく過程は、これまで自分がまとってきた鎧を脱いでいく過程だった。
  • 私は、なかなかいいじゃんと思えるようになった。
  • 講座を受けてから、「私のことは私が決める」事ができるようになった。
  • これからの人生、転んでもすぐに立ち上がれそう。
  • 母に感謝できるようになりました。本当に感謝です。
  • 1つの漢字にもいろいろな意味があり、人によって感じ方も違う。強みに対する受け止め方も違う。でも、それはそれで、また良さがありいいんじゃないかと思えた。
  • 強みが漢字で表現されることで、強みのイメージが湧きやすく、説明を読んで理解するより、受け入れやすかった。
  • 心のどこかで思っていた自分の思いや、やりたいことが明確になり、これからの行動の自信につながると思った。
私は以前から人と関わることが好きでした。
ただ、表面的には誰とでもうまく付き合っているつもりなのに、
どこか不安感を持っている自分、信じきれない自分、そして、それを隠すために演じている自分がいました。
自信が持てずにいた私でした。
しかし、以前はそれにも気付かず、うまくすり抜けてぶつからず、
傷つかないように生きる術を身につけていました。
そんな中、メンタルタフネスを受講したことで、
「私って何?」と問いかけ、自分を見つめていける私に変化をしています。年齢差とか、男女差、スキルとか、価値観の違いもあって当たり前だし、
「私は私らしく生きていいんだ」という安心感が生まれたように思います。受講後に、自信がない私が人前で話しをする機会を得ることができ、
そのことが嫌ではない私を発見しました。
だからといって自分から進んで人前で話をしたいわけではないことも知っています。
そう言えるのも「私は私らしく生きていいんだ」ということを知ることができたからだと思います。私が私らしく生きる術を、短期間に得られた「メンタルタフネス」を、
ひとりでも多くの方に知っていただけると、みなさんが「生きる」楽しさを味わえるのではないかと思いました。
改めてメンタルタフネスを受講して良かったと感じました。

(りこちゃん / 60代女性)

 

メンタルタフネス講座を受講して、
私の場合は、「わたしの32(旧 五源の導)」の結果による5つの漢字(強み)が、
客観的に意識できるようになりましたね。
意識できることによって、自分のスタンスもこれでいいのだという自己受容が進んだと思います。今まで、様々なセルフアセスメントを受けて◯◯性が高いなんて言われました。
その時は「確かにそうだ!」と思っても、なにか「自分のことではないような意識の感覚」がありました。強み診断「わたしの32」(旧 五源の導)の結果で自分の強み(漢字5つ)を得た時、
とても素直な気持ちでそのままを受け入れることが出来たと思います。なぜなら、見事なくらい自分が大切にしたいことや、
自分自身でもそうありたいと思うことが、結果ででてきましたから。やはり漢字はいいのでしょうね。
ずっと頭の中に残っていて、事ある度に思い出すことができます。

講座の中で、私の中で一番の成果はコラージュです。
コラージュは生まれて初めて作ったのですが、
作ったことによって自分が潜在的に何を求めているのかが分かりました。
今でも迷いが生じた時など時々眺めていますよ。

なぜあの時、あの写真や言葉を選んだのかはよくわかりません。
直感的に反応する写真や言葉を集めていたんだと思います。

外でのワークでコラージュを花壇の中においた時に、
不思議と感じた(降りてきたキーワード)もしっくりきています。

講座後には、自分のやりたいことの実現に向けて、場所を探したり、協力者を探したりしました。
お陰様で良い協力者も見つかりました。

毎年12月は忙しい時期の反面、とても次年度に対して不安になる時期なんですね。
どうしようもない不安。考えなくても良い不安が出てくるんです。
でも、タフネス講座を振り返ると、それに立ち向かう勇気と武器が、自分にはあることを再認識できます。

ありがとうございます。

(マサさん / 40代男性)

 

➡大人のための心のタフネス講座 ★初級:通学★の詳細・お申込みは、こちらを御覧ください。

➡大人のための心のタフネス講座 ★中級:通学★の詳細・お申込みは、こちらを御覧ください。

➡大人のための心のタフネス講座 ★上級:通学★の詳細・お申込みは、こちらを御覧ください。